スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独身・孵らない卵

某泰三先生の「密室・殺人」が「密室ならびに殺人」なので、タイトルは「独身ならびに孵らない卵」と読んでください。未だに頭の中からコテコテの関西弁が抜けない。どうしてくれる四ツ谷君…!

いやー何のことはない、うちのカメのこと。
奴が最近卵を産むようになっての。ちょ、おま、こんな夏に卵って腐るし!え、ていうかメスだったのか!!みたいな(笑)
一個目は発見時すでに割れてた。二個目はキレイな形でおとんが見せてくれた。
一匹で飼ってるから卵は当然無精卵。あっためたって孵りません。
その孵らない卵が切なくもあり愛おしくもあり。
母=カメの体内で卵まで成長して無事産み落とされたけれど、もうこれ以上は成長できない。
本来ならここからがスタートみたいなものなのにね。
不思議だなぁ。産み落とされた卵、周りの環境一つでその瞬間が生への始まりか死の瞬間か決まっちゃうんだもん。
死を約束された命の素。だよね。命の素って書くと味の素みたいだけど(笑)
切なくもあり、愛おしくもあり。伝わるかなぁ…伝わらなくてもいいや。
死ぬっていうけど放っておけばそのうち腐って微生物の養分になってどこまでも還元されてくだろーという見方もできるわけで。
うーーん、考え出すとキリ無いから深く考えないことにしよう、うん。

結論は「カメが卵産んだよ!」ってことですばい。
うん、やっぱり愛おしい。そしてちょっぴり切ない。
文章や言葉の選び方が中二病ちっくとかももうキニシナイ(笑)

プロフィール

にとべ

Author:にとべ
そういえば、いつの間にか社会人でした。
相変わらずものづくり大好き。

フリーエリア
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。